MENU
CATEGORY
プロフィール背景画像
しばた
サラリーマンゴルファー
1983年生まれ。
2019年末にICL手術を受け、裸眼視力2.0を手に入れました。
商社マンである傍ら独学でゴルフを習得し、4年でベストスコア●73まで上達。
当ブログでは”サラリーマン目線”で仕事や遊び・暮らしについて発信しています☆彡

サイト運営者情報

初めまして。当ブログを運営している”しばた”と申します。

異動辞令を受け、2013年に家族と共に長野県松本市へ越してきました。

近隣のゴルフ場まで車で20分と言う恵まれた環境の中、再び始めた”ゴルフ”にすっかりハマってしまい、今では週一でゴルフに行く”サラリーマンゴルファー”です。

ここでは、そんなサラリーマンゴルファーである”しばた”と言う人物について、簡単にご紹介します。

目次

サイト運営者”しばた”とは?

三流大学をギリギリ卒業してから、今の会社にずっとお世話になっています。

真面目に就活をしていなかった僕を心配し、当時、仲良しだった大学教授が”コネ”を使って今の会社に推してくれました。

幼い頃から人付き合いだけは良かったので、こんな性格に産んでくれた親に感謝ですね(笑)

サラリーマンとして…

○20代で赤字営業所を立て直し、黒字化に成功

○新規案件の受注を増やし、海外拠点の売上・利益アップに貢献

○社内で新規事業の発起人となり、事業拡大に繋げる(特許取得)

○幅広い人付き合いから、世渡り上手になる方法を習得(同世代の中では誰よりも早く出世)

サラリーマンゴルファーとして…

○フルバックからベストスコア73を達成(平均スコアは85を維持)

○お金をかけず、室内練習をメインにスコアアップを実現

○メジャーなクラブはもちろんのこと、マイナーな地クラブにも精通(使用クラブは地クラブで揃えています)

○練習場で仲良くなったゴルフ好きを集めて、定期的にゴルフコンペを開催(ここで広がった人脈から仕事に発展した人は多数)

松本市に住んでみて…

○地元(名古屋市)との環境に違いにカルチャーショックを受ける

○意外と物価が高いことに戸惑いを覚える

○週末は”はしご酒”を繰り返し、幅広い人脈を創り上げる

○松本市を中心に、オススメスポットの知識や行動範囲を広げる

好奇心旺盛な性格から…

○仕事をしながら、今の仕事には活かせないFP2級を取得

○全く別業種であるWEB関係の勉強を開始(2020年~)

○LINEオープンチャットで幾つかコミュニティ運営

○休みの日は子供と公園に行って、そこに集まった他の子供たちを巻き込んで、野球、サッカー、ラジコンで遊びまくる

しばたとゴルフ

社会人になってから、僕のゴルフ人生がスタートします。

最初は、上司から使い古されたクラブセットを購入し、週に1~2回練習場へ足を運びました。

子供の頃に野球をやっていたせいか、早い段階でそれなりに打てる様になったため、すぐに自分用のNewクラブを購入。

「簡単に100を切れるだろう」と自信に満ち溢れていましたが、現実はそう甘くありませんでした。

コースだと練習場の様にボールが打てず、終わってみれば、スコアはいつも120前後…そして戦意喪失

勢い良くスタートしたゴルフ人生ですが、2年を経過する前にはすっかり心が折れ、新品のクラブセットは倉庫の肥やしになってしまいました。

それから数年、転勤で松本市に越してきてから、僕のゴルフ人生がガラッと変わっていきます。

”近隣のゴルフ場まで車で20分”と言うゴルフ環境に恵まれた地域の為、飲み屋で仲良くなったおじさま達はゴルフ好きばっかりでした。

そんなおじさま達に練習場やコースに誘ってもらう様になって、だんだんゴルフをやらざるを得なくなります。

しかも、おじさま達はみんな90を切る人達ばかり。

コースに行くのであれば、迷惑を掛けずにラウンドできる様にならなくちゃ…。

どうしたらゴルフが上手くなるのだろう?と自分なりに考えながら、手探りでゴルフについて学んでいきました。

まずは、練習場でおじさま達が使用している様々なスペックのクラブを試打させて貰いながら、スイング動画やヘッドスピードを記録し、”自分に合うクラブ”について研究する様になりました。

そんな中、試打クラブを多数揃えるゴルフショップで”地クラブ”と言うモノに出逢い、その魅力に惹かれ、ゴルフの奥深さにどんどんのめり込んでいきます。

”自分に合うクラブセッティング”に買い換えようと決めていた矢先で、”地クラブ”との出逢い。

揃えるなら誰にも被らないクラブが良い!!と言う目立ちたがりな性格を発揮し、”自分に合うクラブ”の研究を始めてから約半年を掛けて、自分が思う”自分に合うクラブセッティング”に買い換えました。

それからは、練習場でも単にボールを打つだけでなく、自分のスイングを撮影しながら、体の動きとボールが飛んでいく方向を自分なりに分析し、練習方法にも工夫を凝らしていきました。

するとどうでしょう?

今まで100に遠く及ばなかった僕が、あっという間に90切りを達成。

その後も、とにかく”自分に合ったクラブで自分に合った練習を継続する”ことで、フルバックから”73”を出せるまで上達しました。

今では、おじさま達の中でも実力が頭一つ抜け出し、みんなから「俺が教えてやったから上手くなったんだろ」といじって貰えています。

しばたとサラリーマン

ゴルフが上達するに連れて、サラリーマン生活においても物事がスムーズに進められる様になりました。

きっと、ゴルフを通して身に付いた”スキル”が仕事に活かされているからだと思います。

また、ゴルフ好きの上層部の方々ともラウンドする機会も増え、何気ない会話の中から”会社の方向性や困り事”などの情報が耳に入る様にもなりました。

これって、実はめちゃくちゃ貴重な情報なんですよね。

僕はそこで得た情報を基に会社に対して様々な提案をし、実際に新しい案件を幾つか転がしています。

事前に得た情報を基に行動を起こせば、必ず結果が伴ってきますからね。

やる気がなくてもやる気をアピールできるし、サラリーマンにとってこんなにラッキーなことはありません。

そんな事を繰り返す内に、今ではゴルフを楽しむと同時に、上層部の方々の痒いところを探す”ズル賢さ”も身に付きました。

サラリーマンであれば、”自己啓発本を読み漁るより、ゴルフのスコアアップを目指す”ことの方が、遥かに出世に近づけると思います。

しばたの練習方法

たくさん練習しているのでは?と思われがちですが、僕はサラリーマンですので、”時間とお金”に制約があり、練習場に行くのは週に1回行くか行かないか…です。

省エネな性格(単なるケチ)のため、どうも練習場への投資は前向きになれないんですよね。

なので、基本的には室内練習用クラブを活用して、15分程度のスイングチェックを週に4~5日やっています。

そんな程度で上手くなるの?と思うかもしれませんが、必ず上手くなります!!

逆に、”練習場で闇雲にボールを打ち続けていても上達しない”と言うのが、僕の持論です。

スコアアップのための一番大事なポイントは、”インパクトの形”なんです。

決してグリップの握り方やクラブの上げ方ではありません。

細かいことは気にしなくても、インパクトの形さえ良ければ、多少ミスしてもボールは真っ直ぐ飛んで行ってくれるので、素振りやスイングチェックで、”自分なりのインパクトの形”を身に付けましょう。

僕はこの考えで、フルバックから”73”を出せました。

今でも、『省エネ+短時間の練習』で平均スコア85を維持しています

しばたのクラブセッティング

誰かと被らない様に全て”地クラブ”で揃えており、その中でも”飛距離”を追い求めたセッティングにしています。

しばたのクラブセッティング

ドライバー:カムイスポーツ TP-07S(シャフト:クライムオブエンジェル フレックスⅥ)

5番ウッド:グランディスタ RS-F(シャフト:バシレウス フィアマ65S)

21度ユーティリティー:Aグラインド TYPE-D(シャフト:バシレウスUT80S)

24度ユーティリティー:ロマロ RayタイプR(シャフト:バシレウスUT80S)

5番アイアン〜PW:エポン AF-503(シャフト:モーダス3 120S)

ウェッジ(52度、58度):ロマロ アルコバッサスクープ(シャフト:KBS C-Taper120S)

パター:イーデル E-2(ワイドソール)オーダーメイド

New地クラブを購入することもありますが、何だかんだこのセッティングに戻ってしまうんですよね…。

しばたの想い

サラリーマンになれば、会社の雰囲気や付き合いから、ゴルフを始める人も多いと思います。

どうせやるのであれば、ゴルフは上手い方が絶対に”お得”です。

僕は今、ゴルフにどっぷりハマってみて、”ゴルフを通して身に付いたスキル”が様々な面で仕事に活きてくると、強く実感しています。

たとえサラリーマンであっても、お金をかけずに効率良く練習することで、70台が出せるまで上達できますからね。

『僕と同じサラリーマンゴルファーには、ゴルフでも仕事でも、満足のいく結果を掴んで貰いたい』

そんな想いから、当ブログでは”サラリーマン”と言う立場の僕が、今までの経験から身を持って学んだことを惜しみなく発信していきたいと思っています。

全てのサラリーマンに対し、少しでもお役に立てれば幸いです。

目次
閉じる