MENU
CATEGORY
しばた
サラリーマンゴルファー
30代サラリーマン。
2019年末にICL手術を受け、裸眼視力2.0を手に入れました。
商社マンである傍ら独学でゴルフを習得し、4年でベストスコア●73まで上達。
資産運用などの趣味が高じて、FP2級を取得。
当ブログでは”サラリーマン目線”で仕事や遊び・暮らしについて発信しています☆彡

BALOD(バルド)2021年モデル”CORSA PERFORMANCE 438 DRIVER”を試打した感想を告白!!(2021年2月発売)

はてな

BALDO(バルド)の2021年モデル”CORSA PERFORMANCE 438”ドライバーが気になる…。
実際どうなの?

本記事では、上記の疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

しばた

こんにちは!しばたです。

サラリーマンながらベストスコアはバックティーからの73です。
この度、エースドライバーとしてKAMUI”KP-01”からBALDO”CORSA 438”に乗り換えました。

多くのドラコンプロが愛用する地クラブメーカーの”BALDO(バルド)”

「バルドを使えば間違いない」と言う愛用者も多いのではないでしょうか?

サラリーマンにとって、クラブの買い替えは大きなイベントです!!

だからこそ、使用者の声って大事ですよね?

満を持してクラブの購入に踏み切っても、ショップでのシュミレーションと実際のコースとでは”弾道が全然違う!?”なんてこともしばしばあります…。

実際、僕もそれでたくさん失敗してきました。

なので、この記事では僕が実際にコースでBALDO(バルド)”CORSA PERFORMANCE 438 DRIVER”を打ってみた感想について書いていきます。

BALDO(バルド)”CORSA PERFORMANCE 438 DRIVER”が気になっていると言う方は、是非、最後までご覧ください。

目次

BALDO”CORSA PERFORMANCE 438 DRIVER”の基本情報

モデルネームは、『CORSA(コルサ)』イタリア語で『失踪』『競争』を意味する

その名の通り、”CORSA DRIVERは駆け抜ける疾走感を味わうことができるドライバー”とのこと。

BALDO”CORSA PERFORMANCE 438 DRIVER”のデザイン

2020年にデザインが新しくなったばかりですが、2020年モデル発売から約1年でまた新しくなりました。

バルドが1年でデザインを変えてくるのは珍しく、噂によると、昆虫みたいなデザインが不評だったとか…。

2020年モデルについて詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

さて、話を戻しますが、2021年モデルはバックフェース部にハニカム構造がデザインされました

このハニカム構造が”ボールの捉まりとボール初速を向上させる役割を果たしている”とか!?

カバーもオシャレで、尚且つ高級感があって良い感じです。

BALDO”CORSA PERFORMANCE 438 DRIVER”のスペック

2020年モデルが4種類(460、455、435、380)だったのに対して、2021年モデルは以下の2種類です。

スクロールできます
438458
ヘッド体積440cc460cc
ロフト角8.5°~11°8.5°~11°
ヘッド重量198g198g
重心距離36.0mm39.5mm
重心深度40.5mm41.0mm
重心高34.0mm33.0mm
素材ボディー/8-1-1Ti精密鍛造
フェース/DAT55G精密鍛造カップフェース:レーザーミーリングスコアライン
ボディー/8-1-1Ti精密鍛造
フェース/DAT55G精密鍛造カップフェース:レーザーミーリングスコアライン
ヘッドのスペック

438の方がディープ、455の方がシャローです

ショップでは、コントロール重視の方には438を、飛距離重視の方には455をオススメしている様ですね。

ただ、元々ヘッドスピードが速いアマチュアゴルファーにとってはどちらでも変わらないと思うので、好みで選んで良いと思います。

BALDO”CORSA PERFORMANCE 438 DRIVER”を実際に打ってみた感想

今回は、”スリクソン Z-STAR XV”を使ってラウンドしてきました。

BALDO”CORSA PERFORMANCE 438 DRIVER”をアドレスした感じ

ヘッド体積が440ccなので(結構小ぶりかな)と思っていましたが、意外に違和感なくスッとアドレスに入れました

僕がこれまで使用していたKAMUI”KP-01”が450ccだったので、10ccの差がありますが全く気にならないです。

逆に、シャローの458を構えた方が、ヘッドが大きく感じて違和感を覚えたくらいです

BALDO”CORSA 438”とKAMUI”KP-01” を比較してみますね。

BALDO”CORSA 438”
KAMUI”KP-01″

写真の撮り方が悪くて、何となく分かる程度でしょうか…笑

KAMUI”KP-01”について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

BALDO”CORSA PERFORMANCE 438 DRIVER”の打感

”フェースに食らつきながらも強く弾いてる”と言う感じでしょうか?

柔らかいんだけと、強い弾き感もある…。

芯で捕まえた時の手に残る感触は、かなり気持ち良いものがありました。

芯を外してもまあまあ飛距離が出ていたので、スイートスポットは広いのかな?と感じました。

BALDO”CORSA PERFORMANCE 438 DRIVER”の打音

ボールを強く弾いている『ギャンッ』と言う様な、低い音の中にも少し高い音も混ざっている音でした。

2020年モデルと同じですね。

僕は、テーラーメイドの大人気ドライバー”SIM”の打音を『コツッ』と表現しているのですが、この”CORSA438”は低い音ではなく、犬の鳴き声みたいに少しキーの高い『ギャンッ』です。

ただ、芯を外すと結構甲高い音になりますので、好みが分かれるかもしれません。

芯を外すと結構甲高い音になりますので、要注意!!

BALDO”CORSA PERFORMANCE 438 DRIVER”のまとめ

飛距離や球の高さは、シャフトとの組合せもあるのでハッキリとは言えませんが、僕の場合は単純にヘッドだけ変えただけで、KAMUI(カムイ)”KP-01”と同じくらいの飛距離が出ていました

捕まったら『ドカーン』と飛んでいきますので、飛距離に関しては申し分ないですね

ボール初速に関しては、KAMUI”KP-01”よりも速く感じました

BALDO”CORSA PERFORMANCE 438 DRIVER”の総評
  1. ディープフェースで、ボールを簡単に捕まえられる安心感がある
  2. 弾いてる感の中にマイルドさもあり、手に残る感触が気持ち良い
  3. 力強くボールを弾いてるのが分かる、高すぎない打音
  4. ボール初速が速く、飛距離も文句なし

感触は全体的に2020年モデルと一緒ですが、2020年モデルよりもデザインは良いのでは!?

普段から460ccのヘッドを使っている方でも、 ”CORSA438” の440ccヘッドは違和感なく使用できると思います。

BALDO(バルド)”CORSA PERFORMANCE 438 DRIVER”が気になっていると言う方は、参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代サラリーマン。
2019年末にICL手術を受け、裸眼視力2.0を手に入れました。
商社マンである傍ら独学でゴルフを習得し、4年でベストスコア●73まで上達。
資産運用などの趣味が高じて、FP2級を取得。
当ブログでは”サラリーマン目線”で仕事や遊び・暮らしについて発信しています☆彡

目次
閉じる